【悲報】650kgの部品が降ってきて死亡・・・・

【悲報】650kgの部品が降ってきて死亡・・・・
1: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2019/05/17(金) 08:42:48.61 ID:ID:jW47eXzk0.net
16日午前、北茨城市にあるコンクリート製品を製造する工場で、機械のメンテナンス中に、重さ650キロの部品が落下し、下敷きになった49歳の男性が死亡しました。

16日午前11時すぎ、北茨城市中郷町日棚でコンクリート製品を製造する「日本興業」の北関東工場で、従業員が機械の枠の下敷きになっているのを同僚の男性が見つけて消防
に通報しました。
消防や警察が現場に駆けつけたところ、この会社の従業員で高萩市の中野一弘さん(49)が下敷きになっていて、その場で死亡が確認されました。
警察によりますと当時、中野さんは住宅用のブロックを製造する機械のメンテナンスをしていて、近くで作業をしていた同僚の男性が「ドーン」という大きな音を聞いて駆けつけ
たところ、中野さんが金属製の枠の下敷きになっていたということです。
金属製の枠は重さが650キロあり、2メートルほどの高さから落下したとみられるということで、警察が詳しい状況を調べています。
https://www3.nhk.or.jp/lnews/mito/20190516/1070006166.html

引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1558050168/

続きを読む

ニュー速クオリティカテゴリの最新記事